生徒ギャラリー

生徒ギャラリー

金銀キラキラ

画像(150x112)・拡大画像(640x480)

やきものの技法に金彩や銀彩というものがあります。釉薬を施し、本焼きしたものに金銀を施し、再度低温(750℃)で焼き付けるとこの写真のようなキラキラになります。金と銀の質感というのは、他の釉薬と違って独特です。使い方を間違えると品のないものになってしまいます。最初のは、金を使った酒器セットです。金彩を一筆で決めています。地が白マット釉なので金彩も幾分マット調です。お正月の「おとそ」用にぴったりの華やかな器です。川島さん作。
もう一つは銀彩のお皿です。磁土で成形し透明釉を施して本焼き。その後全面に銀彩、という行程。下地は透明釉ですが、幾分かマットな質感です。25cmほどの盛り皿です。お料理が映えます。久保さん作。私は銀彩のご飯茶碗を使っていますが、意外とご飯にも合うのです。

画像(150x112)・拡大画像(640x480)

Up Date:2014年05月07日(水)

トラックバック

トラックバックURL

http://tou-no-niwa.com/contents/tb.php?ID=56

コメント

ット釉な

cartier replica 2014年08月09日 12時53分 [削除]

るやきも

louis vuitton replica 2014年08月09日 12時49分 [削除]

言われるやきものの情報をCoo

chanel replica 2014年08月09日 12時42分 [削除]

やきものの技法に金彩や銀彩というものがあります。釉薬を施し、本焼きしたものに金銀を施し、

fake chanel handbags 2014年07月22日 17時56分 [削除]

コメント投稿フォーム
名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ